米社債保証コスト、低下-中国・独輸出増で世界経済回復の兆し

8日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは低下。中国やドイ ツの輸出が増加したことで、世界経済の回復の兆しが強まった。

ブルームバーグが集計したデータによると、北米企業の信用リスク の指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニ ューヨーク時間午後4時33分(日本時間9日午前5時33分)現在、1.1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の75.3bp。低下は今 月2日以来。

DAダビッドソンの債券ストラテジスト、シャロン・スターク氏 は、欧州の景気回復が力強さを増すことは、米国のクレジット投資家に とって追い風になるだろうと指摘。独連邦統計庁が8日発表した6月の 輸出(営業日・季節調整済み)は前月比0.6%増加。5月は2%減に上 方修正された。

スターク氏は電話インタビューで、「欧州経済に若干の安定性やト レンドの反転がみられる」と指摘。「欧州での出来事に悪影響を受けて いる企業が多かったが、景気の好転は企業利益の改善につながるだろ う。中国の成長は依然好調ではないものの、懸念したほど悪くなかっ た」と述べた。

中国税関総署の8日の発表によると、7月の輸出は前年同月 比5.1%増。6月は3.1%減だった。

原題:U.S. Corporate Credit Swaps Fall; P&G Issues $1 Billion of Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE