NY外為:ドル5日続落、米金融緩和の縮小見通し後退

8日のニューヨーク外国為替市場で はドルが5日続落。米金融当局が来月に緩和策を縮小できるほど米国の 景気は改善していないとの観測が広がったほか、テクニカルな動きもド ル売りを促した。

ドルは対ユーロで7週ぶり安値をつけた。ストップロスの売り注文 が発動されるとみられる節目の水準に接近した。来週は第2四半期のユ ーロ参加17カ国の総生産が発表されるが、事前予想ではプラスの伸びが 見込まれている。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は、市場参加者は「米国の緩和策縮小見通しを見直している。9月 に実行される可能性はあまりないとの見方に傾いてきた」と述べ、「た とえ縮小が始まったとしても、市場が予想していたほど積極的ではない だろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10通貨に対するブルームバーグの 米ドル指数は0.4%下げて1017.11。ユーロは対ドルで0.3%上昇し て1.3381ドル。ユーロは円に対しては0.7%高の1ユーロ=129円36銭。 円は対ドルで0.4%下げて1ドル=96円67銭。

テクニカルな見方

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.3%下げて81.039と、200日移動平均を下抜けた。同指数 は80.70を節目として、2011年5月から続く上昇局面を試す展開とみら れている。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「ユーロ・ドルではストップロ スが仕掛けられている重要な領域に近づきつつある」と述べ、「投資家 はこの領域を見極めようとしている」と続けた。

独連邦統計庁が発表した6月の輸出(営業日・季節調整済み)は前 月比0.6%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト13 人の予想中央値では0.9%増が見込まれていた。5月は2%減に修正さ れた。また、中国税関総署の8日の発表によると、7月の輸出は前年同 月比5.1%増加した。

EUのGDP予想

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、欧州連合 (EU)統計局(ユーロスタット)が14日発表する域内総生産 (GDP)は前期比0.2%増が見込まれている。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは年初から5.6%上昇。ドルは3.9%高、円は7.9%の下 落。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計250億ドル。前日は300億ドルだ った。この日の総額のうち対円でのドルのオプション出来高は85億ド ル、シェアは34%と最大だった。

日本銀行は金融政策決定会合で政策方針の現状維持を全員一致で決 定した。日銀の金融政策発表後に円は対ドルでもみ合う展開となった。

原題:Dollar Declines for Fifth Day as Trading Patterns Show Weakness(抜粋)

--取材協力:池田祐美、Mariko Ishikawa、大塚美佳、Candice Zachariahs、Jeff Marshall、Neal Armstrong. Editors: Kenneth Pringle, Paul Cox

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE