クリーブランド連銀のピアナルト総裁、来年早期に引退

米クリーブランド連銀のピアナルト 総裁は来年の早い時期に退任する。同連銀が電子メールで声明を発表し た。

ピアナルト氏(59)は1983年に同連銀に入り、2003年から総裁を務 めている。在任期間は現職の地区連銀総裁12人の中で最長。来年は連邦 公開市場委員会(FOMC)の議決権が回ってくる予定。

ピアナルト総裁は同声明で、「市民活動や非営利活動への関与を続 ける以外、当面の計画はない」と述べ、「後任が決まるまでいかなる機 会も検討するつもりはない。選考プロセスが完了するまでは引き続き積 極的に連銀を率い、連邦公開市場委員会で役目を果たすことを楽しみに している」と説明した。

原題:Cleveland Fed’s Pianalto to Retire Early in 2014, Bank Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE