イタリア債は3日続伸、輸出増加を好感-英独債ほぼ変わらず

8日の欧州債市場ではイタリア10年 債が3日続伸。中国とドイツの輸出がそれぞれ伸びたことを手掛かり に、ユーロ圏の高利回り債の需要が高まった。

イタリア10年債利回りは8週間ぶり低水準となった。スペイン国債 も買われた。ドイツ国債はほぼ変わらず。アナリスト調査によれば、来 週発表のユーロ圏4-6月の経済統計で7四半期ぶりのプラス成長が示 される見込み。中国がこの日公表した7月の統計によると、欧州連合 (EU)と米国向け輸出が5カ月ぶりに増えた。

ダンスケ銀行の債券トレーディング責任者、ソーレン・モルク氏 (コペンハーゲン在勤)は「中国の欧州向け輸出の統計は域内の景気回 復が想定以上に強いかもしれないことを示唆しており、重要な意味を持 つ」とし、ユーロ圏の高利回り債を支える要因だと説明した。

ロンドン時間午後4時33分現在、イタリア10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.20%と、6月10日 以来の低水準。同国債(表面利率4.5%、2023年5月償還)価格は0.4上 げ102.675。ドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は4 bp縮小し253bpとなった。

同年限のスペイン国債利回りは5bp下げて4.52%。

独連邦統計庁が発表した6月のドイツ輸出は前月比0.6%増加し た。中国税関総署の発表によると、7月の輸出は前年同月比5.1%増。 6月は3.1%減だった。

ドイツ10年債利回りは1.68%。2日には1.73%まで上げ、7月5日 以来の高水準となった。フランス10年債利回りはほぼ変わらず の2.24%。

英国債相場も前日からほぼ変わらずで、10年債利回りは2.48%。前 日は2.56%と、6月25日以来の最高に達した。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格は94.10となった。

原題:Italian Bonds Rise as Export Data Spurs Demand for Higher Yields(抜粋) Pound Climbs to Seven-Week High After Carney Inflation Comments (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE