女性のいない政策委員会なんて-カーニー新英中銀総裁が苦言

イングランド銀行(英中央銀行)の カーニー総裁は8日、同行の金融政策委員会(MPC)メンバー9人の 中に女性が1人もいない現状は「異様」だと述べ、女性エコノミストを 育成する必要性を指摘した。

カーニー総裁はBBCラジオ4とのインタビューで、「異様で目に 余る」と発言。「イングランド銀行で必要なことは、優秀な女性エコノ ミストを育てて昇進させることだ。マクロ経済を考える上で多様性がも たらされるし、MPCメンバー、ひいては将来の総裁候補が増える」と も話した。

2010年5月末にケート・バーカー委員(当時)の任期が切れて以 来、9人で構成するMPCに女性は不在のままだ。カナダ中銀総裁から 先月転じたカーニー総裁の指摘は、319年の歴史を持つイングランド銀 の変革と英成長回復というオズボーン財務相から託された責務を反映し ていると考えられる。

元中銀当局者で現在はインベステック・セキュリティーズのエコノ ミスト、ビクトリア・クラーク氏は「確かに新しい視点だ」とし、カー ニー総裁はオズボーン財務相から「英中銀を刷新すべきだとして任命さ れたわけだし、行内に適正なバランスで男女のエコノミストをそろえる ことは多様な議論を確実にする上で重要だと思う」と述べた。

アイルランドのブックメーカー、パディー・パワーの賭け率によれ ば、女性のMPC委員候補として最も有望なのはシーラ・ダウ氏。スタ ーリング大学名誉教授の同氏は1970年代に英中銀エコノミストを務め た。

原題:Carney Bemoans All-Male Panel as He Seeks More Women at BOE (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE