インド株:大幅高、値ごろ感から買い-ランバクシー急伸

8日のインド株式相場は2週間ぶり の大幅上昇。指標のS&Pセンセックス指数は前日付けた6週間ぶり安 値から反発した。最近の相場下落が行き過ぎとの見方が一部で広がっ た。

インド最大の製薬会社、ランバクシー・ラボラトリーズは28%高 と、上場以来で最大の上げとなった。同社決算で米国での売り上げ改善 が示されたことが買い材料。国内最大の自動車メーカー、マルチ・スズ キ・インディアが買われ、11銘柄からなる自動車株指数は3週間ぶり大 幅高となった。タタ・スチールも上昇。2営業日の上げとしてはここ2 年で最大。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比124.46ポイント (0.7%)高の18789.34で終了。前週末比では2%下げ、3週連続安と なった。24日には相対力指数(RSI、14日間ベース)が31となっ た。30に達すると下げ止まりのシグナルと見なされている。

9日のインド株式市場は祝日のため休場となる。

原題:Indian Shares Rebound From Six-Week Low; Ranbaxy Rallies 28%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE