ギリシャ失業率:5月は27.6%に上昇、過去最悪を記録

5月のギリシャの失業率は過去最悪 の水準に上昇した。6年目となった同国の景気後退はユーロ圏諸国や国 際通貨基金(IMF)から受けた救済の条件である財政緊縮措置に伴い 深刻化している。

5月の失業率は季節調整後ベースで27.6%と、4月の27%(改定 値)から上昇した。国家統計局が8日電子メールで発表した。ブルーム バーグがまとめたエコノミスト4人の予想中央値は26.9%だった。4月 の改定前は26.9%。

ギリシャのリセッション(景気後退)はユーロ圏とIMFによる総 額2400億ユーロ(約30兆円)の救済に関連した歳出削減や増税を背景に 深刻化している。同国の昨年の国内総生産(GDP)は6.4%減少。 IMFが先週公表したスタッフ報告によれば、今年は4.2%減、来年は プラス成長になる見通し。

ギリシャ国民のうち、15-24歳の失業率は64.9%、女性全体の失業 率は31.6%。

5月の失業率は2004年に月間統計の公表が開始されて以来の最高水 準。

原題:Greece’s Unemployment Rate Increased to Record High in May (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE