中国の成長回復は持続可能ではない-野村

  中国の金融政策が依然引き締め 気味のため、野村は今後1年間の同国の成長見通しについて引き続き慎 重だ。 *張智威エコノミストが電子メールで質問に答えた *中国経済はレバレッジ解消の初期段階にある *野村は中国の成長率が2013年7-9月に7.4%、10-12月に7.2%、14 年に7%を下回る水準に低下すると予想 *7月の輸出の回復は比較対象の前年同月の低さが要因 *7月の輸入の伸びは意外だった*9日発表予定の工業生産は堅調を維持 する公算 *備考:7月の中国の輸出は前年同月比5.1%増、市場予想は2%増

*輸入は同10.9%増、予想1%増

原題:China Growth Recovery Is Not Sustainable, Nomura Says(抜 粋)

--Jack Gao. Editor: Sam Waite

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE