英豪リオ・ティント:1~6月利益、アナリスト予想を上回る

世界2位の鉱山会社、英・オースト ラリア系リオ・ティントの1-6月(上期)決算は、前年同期比18%減 益となった。中国の成長減速で原材料の需要が落ち込み、価格も下落し たことが響いた。

同社が8日発表した資料によれば、上期の調整済み利益は約42億ド ル(約4040億円)と、前年同期の約52億ドルから減少。ブルームバーグ がまとめたアナリスト7人の予想平均は41億6000万ドルだった。純利益 は71%減の約17億ドル。

サム・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)は、価格下落に対抗す るため、50億ドルのコスト削減、資産の売却、支出の抑制を進めようと している。

売上高は245億ドルと、前年同期の253億ドルから減少した。リオは 配当を1株当たり72.5セントから83.5セントに引き上げた。

原題:Rio Tinto First-Half Profit Falls 18% as Metal Prices Decline(抜粋)

--取材協力:Elisabeth Behrmann. Editors: Amanda Jordan, Tony Barrett

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE