アディダス:13年通期見通し引き下げ-4~6月利益予想下回る

ドイツのスポーツ用品メーカー、ア ディダスは8日、欧州での販売低迷と為替変動に伴うマイナスの影響を 理由に、2013年通期の見通しを引き下げた。同社の4-6月(第2四半 期)決算は利益がアナリスト予想に届かなかった。

同社は発表資料で、「グループの通期目標の達成は当初発表時点よ りも一段と厳しいものになるだろう」と指摘。「現時点で売上高は為替 変動の影響を除いたベースで1桁台前半から半ばの伸びを見込んでい る」と説明した。

発表資料によれば、4-6月期の純利益は1億7200万ユーロ (約220億円)と、前年同期比で4.2%増えた。ブルームバーグがまとめ たアナリスト13人の予想平均では1億7580万ユーロが見込まれていた。

4-6月期の売上高は前年同期比3.8%減の33億8000万ユーロ。ア ナリスト予想平均は34億3000万ユーロ。為替変動の影響を除いたベース では横ばいだった。

原題:Adidas Cuts Forecasts After Quarterly Profit Misses Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE