独コメルツ銀株が3カ月で最大の上昇,4~6月利益が予想以上

8日のフランクフルト市場でドイツ の銀行2位、コメルツ銀行の株価が約3カ月で最大の上昇となってい る。この日発表した4-6月(第2四半期)決算は、減益ながら利益が アナリスト予想を上回った。

株価は一時11%上昇と5月15日以来の大幅上昇を演じた。現地時間 午前10時19分現在は9.9%高。

2009年に救済されたコメルツ銀は公的資金を返済するため、4年間 で5回目となる増資を5月に実施した。海運と商業用不動産関連融資の 不良債権化に悩む同行は、人員削減などにより利益率向上を図ってい る。米格付け会社スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)は5月 に同行の格付けをジャンク級(投機的格付け)から4段階上の「A-」 に引き下げた。経済環境の厳しさから持続的な利益拡大が困難だと指摘 した。

発表によると、第2四半期の純利益は4300万ユーロ(約55億4000万 円)と前年同期の2億7000万ユーロから減少したものの、ブルームバー グがまとめたアナリスト8人の予想平均(460万ユーロ)を上回った。

4-6月の貸倒引当金は5億3700万ユーロと前年同期から33%増加 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE