タイ株が大きく下落、株価変動高まる-恩赦法案めぐり混乱

タイ株式相場が大きく下げている。 抗議活動の逮捕者らに恩赦を与える恩赦法案をめぐり、バンコクで反対 のデモが広がり、同国最大規模のインフラ投資計画に遅れが出る恐れが あるからだ。

タイ株の指標であるSET指数は2008年10月から今年5月21日の年 初来高値まで328%上昇したが、その後は13%下落。株価変動はこの6 カ月間でほぼ3倍に拡大した。一方、取引高は52%減と、45の新興・先 進国市場で最大の減少率となった。

与党の恩赦法案に反対するデモに最大5000人が参加する可能性があ るとの懸念から、警察は今週に入り国会周辺の道路を封鎖。同法案 は、06年の軍事クーデター後に投獄された抗議活動参加者に恩赦を施す という内容だ。

同法案をめぐる審議が優先され、タイ全土に高速鉄道・高速道路を 建設するインラック首相の640億ドル(約6兆2000億円)規模の計画の 国会承認が遅れる可能性がある。タイでは政府支出が経済の24%を占め る。

原題:Thai Stocks Biggest Losers in Asia as Protests Spur Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE