米メットライフ:銀行部門に制裁金も-住宅差し押さえ慣行で

米生命保険最大手メットライフは7 日、同社の銀行部門が住宅差し押さえに関連して米当局の調査を受けて いる問題で、制裁金の支払いを求められる可能性があることを明らかに した。

メットライフの当局への届け出によると、銀行部門は5月に米司法 省から、住宅差し押さえに関連した法律事務所への支払いの情報を提出 するよう要請された。払い戻しを受けるためファニーメイ(連邦住宅抵 当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)、住宅都市開発省 に経費が報告されたと同社は説明している。

メットライフは届け出で「住宅差し押さえの慣行に関連して、さま ざまな連邦・州規制当局や捜査当局がメットライフ・バンクに制裁金の 支払いを求める可能性がある」と記した。同社の広報担当ジョン・カラ グナ氏はコメントを控えた。

原題:MetLife Says Bank May Face Fine as U.S. Probes Foreclosures (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE