シンガポール通貨庁、指導力強化へ-金融監督責任者にオン氏

シンガポール通貨庁(MAS、中央 銀行に相当)は金融監督責任者であるテオ副長官の後任としてオン副長 官を指名した。MASの指導力強化を狙った人事の一環。

MASのウェブサイトに7日掲載された声明によると、テオ氏は9 月1日付で現職を辞任し、長官オフィスの特別アドバイザーに就任す る。オン氏は金融政策や投資などを統括する現在の職務を退く。

メノン長官は声明で、「今回の人事交代は指導層を強化し、職務の 中核分野に新たな視点を取り込むことが狙いだ」と説明している。

原題:Singapore’s MAS Seeks Leadership Bench With Management Changes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE