ヘッジファンドのトウモロコシ売り越し、過去最高水準に

米国のトウモロコシ収穫高が今後過 去最高水準に達し、世界の在庫は13年ぶりの高水準に膨らむと予想され ている。このため、ヘッジファンドなどの投機家による相場下落の継続 を見込む投資が過去最高水準に増加している。

ブルームバーグがアナリスト27人を対象に実施した調査の平均値で は、米国のトウモロコシ収穫高は30%増加し140億3600万ブッシェル (約3億5650万トン)となる見通し。これは1カ月前のアナリスト予想 値を5300万ブッシェル上回り、米政府の7月時点の見通しより8600万ブ ッシェル多い。12人の平均値では、米国やブラジル、ウクライナの生産 高が過去最高水準に達すると予想されているため、世界の在庫は1年間 で23%増加し1億5236万トンになると予想されている。

供給の増加を背景に、米ゴールドマン・サックス・グループは6日 付リポートで、3カ月見通しを1ブッシェル当たり4.75ドルから4.25ド ルに引き下げ、ブローカーのR・J・オブライエン・アンド・アソシエ ーツ(シカゴ)は先物価格が今年、最大24%下落し3.50ドルになる可能 性があるとの見方を示した。

米国の農地が昨年の干ばつ被害から回復し作付けが1936年以来の高 水準に増加したため、投機家は1カ月前に2010年以降で初めて弱気に転 換。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファ ンドなど大口投機家によるトウモロコシの先物とオプションの売り越し は2週連続で増加し10万8089枚となった。

原題:Hedge Funds Make Record Bearish Corn Bets on Supply: Commodities(抜粋)

--取材協力:Shruti Date Singh. Editors: Steve Stroth, Millie Munshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE