JPモルガン:当局の刑事捜査の対象に-MBS販売めぐり

米銀最大手のJPモルガン・チェー スは、同行が2005-07年に行った住宅ローン担保証券(MBS)販売で の慣行をめぐって連邦当局の刑事捜査を受けていることを明らかにし た。米司法省は既に、この慣行を民法違反と結論付けているという。

JPモルガンの7日の米当局への届け出によると、司法省の民事局 はサブプライム(信用力の低い個人向け)とオルトAローンに関連した 証券を精査した後、5月に暫定調査結果を同行に伝えた。

届け出によれば、カリフォルニア州サクラメントの連邦地検が民事 と刑事双方で調べていた。

コロンビア大学法科大学院のジョン・コフィー教授は、「大手米銀 を起訴するというのは当局にとって重大な決断になるだろう。率直に言 って起訴に至るとは思わない」と述べた。民事の解決が有利になるよう 圧力をかけるため、民事・刑事双方で調べを進めるのはよくあることだ と付け加えた。

住宅市場崩壊と世界の信用市場凍結の元凶になった銀行の事業慣行 について、当局は1年以上調査してきた。司法省と米証券取引委員会 (SEC)は今週、米銀2位のバンク・オブ・アメリカ(BOA)が MBSに関して投資家を欺いたとして同行を民事提訴した。

JPモルガンの広報担当ジョー・エバンジェリスティ氏はコメント を控えた。BOAは、投資家には金融知識があり、証券の裏付けとなる ローンについてのデータも入手できたと説明していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE