S&PをSECが調査、11年のCMBS格付け手法で-関係者

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は2011年に商業用不動産ローン担保証券( CMBS)を格付けした手法について米証券取引委員会(SEC)の調 査を受けている。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

米司法省は2月にS&Pと親会社を提訴しているが、今回の調査は その訴訟の対象となっている証券と期間の範囲を超えている。関係者の うち2人が公での発言を許可されていないとして匿名で語った。マサチ ューセッツ州当局も金融危機後のS&Pの格付け手法を調べていると、 ブルームバーグ・ニュースが2月21日に報じている。

S&P広報担当エド・スウィーニー氏は電子メールで「われわれは CMBSに関する手法の適用について精査し、11年に行った格付けに用 いられた方法はS&Pの格付け定義と矛盾のない結果をもたらし、格付 け変更につながらなかったと判断した」とのコメントを発表した。

SECのネスター報道官は同委員会がこの件で調査しているかどう かについてコメントを控えた。調査についてはダウ・ジョーンズ (DJ)通信が7日、先に伝えていた。

原題:S&P Said to Face SEC Probe on 2011 Commercial-Mortgage Bond (1)(抜粋)

--取材協力:Joshua Gallu、Sarah Mulholland. Editors: Shannon D. Harrington, Alan Goldstein

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE