ドコモ副社長:ソニー製スマホ追加発注へ、アイフォーンに対抗

国内携帯電話首位NTTドコモは、 ソニー製のスマートフォン(多機能携帯電話)「エクスペリアA」を追 加発注する方針だ。国内の大手携帯電話会社で同社だけが販売していな い米アップル社の「iPhone(アイフォーン)」に対抗する。

坪内和人副社長が7日、ブルームバーグ・ニュースのインタビュー で明らかにした。坪内氏によれば、エクスぺリアの販売台数は9月末ま でに200万台をうかがう勢い。5月17日の発売以降、8月4日までに124 万台売れた。

アイフォーンを販売するソフトバンクとKDDIに対抗するため、 ドコモはソニーの「エクスペリアA」と韓国サムスン電子の「ギャラク シーS4」に絞って重点販促する「ツートップ」戦略を5月から採用。 エクスペリアについては、端末価格を最大約2万円割り引いている。

坪内氏は、携帯電話契約の純増数で劣勢となっている理由を「アイ フォーンが大きなファクターとなっているのは認めざるを得ない」と説 明。ただ、販売する端末数を絞ったツートップ戦略などにより「戦え る」という認識を示した。

ドコモはアイフォーンを扱う他のキャリアと比べ、新規獲得から解 約を引いた純増数で苦戦を強いられている。4-6月期の実績では、ド コモが9万件にとどまったのに対し、ソフトバンクはグループを含め95 万件、KDDIは67万件を記録した。

ソニー広報担当の冨永悠氏は追加発注について「市場のニーズがあ れば対応する」としている。

「共存は無理」

坪内氏はアイフォーンの導入について検討しており、販売数が全体 の2-3割にとどまるならば扱いたい、という従来の主張を繰り返し た。「パイプは閉じていない」として引き続き接触があることも明らか にし、「あとは条件の問題」とも述べた。一方、アップルとドコモのビ ジネスモデルが「同じもの」とした上で、「最後は共存できない。住み 分けができない限り無理」と語った。

ドコモはアップル同様、音楽や映像などデジタルコンテンツを配信 するサービスを展開。4-6月期にはデジタルコンテンツや物販を行う 「dマーケット」で前年同期比3.1倍となる127億円の取扱高があった。

ツートップ戦略に選ばれなかった他社製端末の販売は激減してお り、NECはスマートフォンの新規開発を中止した。パナソニックも河 井英明・最高財務責任者(CFO)が1日の会見で、新製品開発につい ての方向を検討する、と表明していた。

坪内氏は、NECの撤退について、アイフォーンに匹敵するものを 出せなかったと指摘。そのため今回のツートップ戦略には採用されなか ったとし、「メーカーにはメーカーの言い分があると思うが、われわれ からすると、ずっと待っていたのにという気持ちの方が強い」と述べ た。

ドコモは今期(2014年3月期)の純利益を前期比3.9%増の5100億 円と予想。売上高は同3.8%増の4兆6400億円の見通し。7月の携帯契 約純増数はドコモが17万2500件、ソフトバンク25万4500件、KDDI22 万5200件だった。

8日のドコモ株は続落し、一時前日比2.6%安の15万400円まで売ら れた。終値は同1.8%安の15万1600円。一方、ソニー株も続落となり、 同1.6%安の1920円まで下げた。終値は同1.3%安の1927円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE