8月7日の米国マーケットサマリー:日銀結果控え円は上昇、株は続落

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3339   1.3305
ドル/円             96.41    97.74
ユーロ/円          128.61   130.05


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,470.67     -48.07     -.3%
S&P500種           1,690.91      -6.46     -.4%
ナスダック総合指数    3,654.01     -11.76     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .30%        .00
米国債10年物     2.59%       -.05
米国債30年物     3.68%       -.05


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,285.30    +2.80     +.22%
原油先物         (ドル/バレル)  104.17     -1.13    -1.07%

◎NY外国為替市場

7日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで上昇。日本銀行 は追加緩和を控えるとの見方を背景に、7週間ぶり高値を付けた。

英ポンドは主要通貨の過半数に対して上昇。イングランド銀行(英 中央銀行)の経済とインフレ率に関する見通しに基づけば、同中銀は政 策金利を過去最低水準に維持できないとの観測が広がった。ユーロは対 ドルで続伸。ドイツの6月の鉱工業生産は予想以上の伸びとなった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は、「円の上 昇は日銀の決定を控えたポジショニングに関連しているようだ」と述 べ、主要10カ国で日銀以外の金融当局は「文言を変える、あるいは金融 政策を通じて緩和措置を取ってきた。日銀は今週、追加緩和を実施する ことはないだろう。それが円の上昇を支えている可能性がある」と続け た。

ニューヨーク時間午後3時30分現在、円は対ドルで1.3%上昇して 1ドル=96円46銭。円は対ユーロで1.1%高の1ユーロ=128円65銭。ユ ーロは対ドルで0.3%上昇して1ユーロ=1.3341ドル。

◎米国株式市場

7日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで上昇。日本銀行 は追加緩和を控えるとの見方を背景に、7週間ぶり高値を付けた。

英ポンドは主要通貨の過半数に対して上昇。イングランド銀行(英 中央銀行)の経済とインフレ率に関する見通しに基づけば、同中銀は政 策金利を過去最低水準に維持できないとの観測が広がった。ユーロは対 ドルで続伸。ドイツの6月の鉱工業生産は予想以上の伸びとなった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は、「円の上 昇は日銀の決定を控えたポジショニングに関連しているようだ」と述 べ、主要10カ国で日銀以外の金融当局は「文言を変える、あるいは金融 政策を通じて緩和措置を取ってきた。日銀は今週、追加緩和を実施する ことはないだろう。それが円の上昇を支えている可能性がある」と続け た。

ニューヨーク時間午後3時30分現在、円は対ドルで1.3%上昇して 1ドル=96円46銭。円は対ユーロで1.1%高の1ユーロ=128円65銭。ユ ーロは対ドルで0.3%上昇して1ユーロ=1.3341ドル。

◎米国債市場

米国債相場は3日ぶり反発。この日の10年債入札(発行額240億ド ル)で最高落札利回りが同年限として2年ぶり高水準付近となり、需要 が高まった。

10年債入札での最高落札利回りは2.620%。入札直前の市場予想 は2.635%だった。海外の中央銀行を含む間接入札者の落札全体に占め る比率は46.3%だった。過去10回の入札の平均は37.1%。財務省は8日 に30年債入札(発行額160億ドル)を実施する。

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツの債券トレーディング部門 シニアバイスプレジデントのトーマス・ディガロマ氏は「入札では幅広 く投資家の需要が見られた」とし、「総じて順調な入札だった」と続け た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後3時7分現在、10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.59%。同年債(表面利率1.75%、2023年5月 償還)価格は13/32上げて92 3/4。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は7営業日ぶりに上昇。ドルの下落を受け て、代替投資としての金買いが優勢になった。

主要10通貨に対するブルームバーグ・ドル指数は一時0.3%下げ、 過去7週間で最長の連続安となっている。金は今年に入って23%下落、 ドルは3.5%値上がりしている。米金融当局が債券購入を縮小するとの 観測が背景にある。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ドルの軟調が金の支えにな っている」と指摘。米金融当局から「緩和縮小の日程に関してある程度 明確性が得られるまで、市場では神経質な動きが続くだろう」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.2%高の1オンス=1285.30ドルで終了。一時は1271.80 ドルと、中心限月としては7月17日以来の安値をつけた。前日までは5 月半ば以降で最長の6日続落となっていた。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油相場は続落。4営業日としての下げは過去9カ月 で最大となった。これまで景気とエネルギー需要を支えてきた米金融当 局による資産購入が縮小されるとの見方が背景にある。

シカゴ連銀のエバンス総裁は前日、9月縮小の可能性を「明確には 排除しない」と述べた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表し た統計では、原油在庫は過去6週間で5週目の減少となった。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)で天然資源関 連の債券ポートフォリオを運用するマネジングディレクター、アダム・ ワイズ氏は「緩和縮小が近いとの懸念はあらゆる市場に浸透した」と指 摘。「原油在庫の大幅取り崩しが続いているが、全般的に見れば在庫水 準はなおも十分高い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比93セント(0.88%)安の1バレル=104.37ドルで終了。終値としては 7月30日以来の安値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE