ピアナルト総裁:労働市場改善続けば緩和縮小を正当化

米クリーブランド連銀のピアナルト 総裁は労働市場に「有意な改善」が見られると述べ、このまま力強さを 増し続ければ金融当局による債券購入プログラムの縮小が正当化される 可能性があるとの認識を明らかにした。

総裁は7日、クリーブランドでの講演で「雇用の伸びは予想してい たよりも力強い。また現在の失業率は昨年9月時点での自らの予想 を0.5%以上も下回っている」と説明し、「こうした雇用進展を考慮 し、労働市場が昨年秋からの力強い道筋を維持した場合は、私は毎月の 資産購入の規模縮小に備えるだろう」と述べた。

ピアナルト総裁は「労働市場の回復ペースは加速してきた」と指 摘、「最近の労働市場の改善は、米経済の基盤が強化されている証拠だ と考える」と語った。同総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC) で投票権を持たない。

同総裁は「だからといって米労働市場が完全に回復したと言ってい るわけではない。完全回復はしていない」とした上で、「従って資産購 入プログラムが縮小されたとしても、金融当局は引き続き雇用の伸びと 物価安定の支援に取り組むだろう」と述べた。

原題:Pianalto Sees Potential Tapering on Improving Labor Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE