欧州株:下落、英中銀のガイダンスで景気回復ペースに不安

7日の欧州株式相場は下落。イング ランド銀行(英中央銀行)がこの日、失業率が7%を下回るまで利上げ や資産購入の縮小を控える方針を示したのに対し、緩慢な回復ペースを 見込んでいると市場は受け止め、株式は売られた。

フランスの投資銀行ナティクシスは6カ月ぶり大幅安。4-6月 (第2四半期)決算が29%減益となったことが売り材料。電気機器販売 の仏レクセルは4.2%下落。同社株10%相当を筆頭株主が売却した。鉱 山株も下げ、特に決算で収益低下が明らかになったランドゴールド・リ ソーシズの値下がりが目立った。一方でオランダ最大の金融サービス会 社、INGグループは2年ぶり高値に上昇。四半期決算で、銀行部門の 税引き前利益が増えた。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の302.81で終了。イングラ ンド銀のカーニー総裁は英経済について、成長持続の「脱出速度に達し ていない」と言明した。同指数は6月24日以降、9.9%上昇。欧米英の 中央銀行はそれぞれ、金融政策を通じて景気刺激を続ける方針を示して いる。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オス トワルト氏は電子メールで、「政策金利が上がる可能性がないわけでは ないが、向こう3年はなさそうだ」と述べた。

カーニー英中銀総裁はこの日、現在の緩和的な金融政策を見直す際 に失業率7%の基準を目安とすると説明した。今年3-5月期の英失業 率は7.8%で、同中銀は少なくとも2016年7-9月(第3四半期)まで 7%を上回る水準にとどまると予想している。

この日の西欧市場では、18カ国中11カ国で要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Decline on BOE Comments as Natixis, Rexel Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE