独コメルツ銀行、執行役員を2人削減-事業再編の一環

ドイツ政府に救済された銀行、コメ ルツ銀行は7日、執行役員を2人削減するほか上級幹部のポストも減ら すと発表した。事業再編の一環。

同行の電子メールによると、執行取締役数は9人から7人に減らさ れる。また、マルティン・ブレッシング最高経営責任者(CEO)の行 員宛てメモによれば、現在の55人で構成している最上級レベルの経営陣 は今後数週間で約20%削減される。次のレベルの経営陣は年末までに減 らすという。同メモはブルームバーグ・ニュースが入手した。

ブレッシングCEOはメモで「当行の経営組織の構造は複雑になり 過ぎ大き過ぎる。官僚主義を減らし意思決定を速め、もっと敏捷なコメ ルツに立ち返らせることが目的だ」と説明した。

同行は2009年の救済で受け取った公的資金を返済するため増資を繰 り返す一方で、造船と商業用不動産に関連した融資の不良債権化に苦慮 している。6月には利益回復のため16年までに約5200人を削減する計画 を打ち出していた。

削減対象となる執行役員については、監査役が当該役員との協議の 上で決定する。

コメルツ銀は8日に4-6月(第2四半期)決算を発表する。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト5人の調査の平均では、純 利益は前年同期から91%減り2400万ユーロ(約30億9400万円)と予想さ れている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE