香港株:ハンセン指数、1カ月ぶり大幅安-中国指標見極めへ

香港株式市場でハンセン指数は続落 し、約1カ月ぶりの大幅安となった。中国の経済指標を見極めたいとの ムードが広がった。米シカゴ連銀のエバンス総裁が、近い時期に刺激策 を縮小する可能性を示唆したことも響いた。

中国最大のインターネット会社、テンセント・ホールディングス (騰訊、700 HK)は4.1%安。前日は上場来高値を更新していた。売り 上げの大半を米国で稼ぐ音響部品メーカーの瑞声科技(AACテクノロ ジーズ・ホールディングス、2018 HK)は1.8%安。前日の原油安を受け て、中国最大のエネルギー会社ペトロチャイナ(中国石油、857 HK) は2.7%下げた。

一方、ベビーケア用品の合生元国際(1112 HK)は売買停止後の取 引で上昇し、6.5%高で終えた。

ハンセン指数は前日比334.86ポイント(1.5%)安の21588.84と、 7月3日以来の大きな下落率。ハンセン中国企業株(H株)指数 は2.1%安の9446.38で終了した。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「米金 融当局者の発言は市場を神経質にさせたが、利益確定売りの口実にも使 われた」と指摘。中国の経済指標発表を控えて「投資家は様子見姿勢の ままだ。市場心理はやや慎重になった。中国人民銀行(中央銀行)が流 動性を供給し続けるかどうかを確認する必要がある」と話した。

原題:Hong Kong Stocks Decline Most in a Month Ahead of China Data(抜粋)

--取材協力:Bonnie Cao、Emma Bi. Editors: Jim Powell, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE