ドイツ金融監督庁も銀行を調査-ISDAFIXレート疑惑

ドイツ連邦金融監督庁(BaFi n)は、金利デリバティブ(金融派生商品)の指標である ISDAFIXレートの不正操作に同国の銀行が関与していなかったか どうか調べている。

BaFinのベン・フィッシャー報道官は6日のインタビューで、 ISDAFIXレートのために金利を申告しているドイツの金融機関に BaFinが接触していることを明らかにした。国際スワップデリバテ ィブ協会(ISDA)のウェブサイトによれば、ドイツ銀行とコメルツ 銀行、イタリアのウニクレディト傘下のヒポフェラインス銀行が ISDAFIXのユーロ金利のために自行の金利を申告している。

原題:Bafin Reviews German Banks’ Role in ISDAfix Rigging Case (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE