ドイツ銀:豪州・NZ部門CEOにゴールドマンのマクマード氏

ドイツ銀行は、オーストラリア・ニ ュージーランド(NZ)部門の最高経営責任者(CEO)としてゴール ドマン・サックス・グループのジェームズ・マクマード氏を起用し た。2014年初めに退く同部門会長、ジョン・マクファーレン氏の後任と なる。

ドイツ銀行が電子メールで配布した資料によると、マクマード氏は 来年2月に就任する。ドイツ銀行ではアジア太平洋地域の共同CEO、 グニット・チャーダ、アラン・クローテ両氏が直属の上司となる。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、ドイツ銀行は豪州と NZでの合併・買収(M&A)助言業務のランキングで今年は現在9位 と、3年連続でトップ3圏外となることが濃厚だ。

勤続25年のマクファーレン氏は今年6月に退任する意向を表明。同 氏は11年から豪州・NZ部門の会長と豪州担当チーフ・カントリー・オ フィサーを兼任している。

原題:Deutsche Bank Hires Goldman Sachs McMurdo as Australia, N.Z Head(抜粋)

--取材協力:Benjamin Purvis. Editors: Iain McDonald, James Gunsalus

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE