米ジェットブルー:国内線で個室タイプの座席も-14年から

米ジェットブルー・エアウェイズ は、ファーストクラスで新たに導入するサービスが国内出張による増収 につながることを期待している。同社は株主還元と利益率の伸びで競合 する航空各社に後れを取っている。

ジェットブルーが5日発表した資料によると、新たに導入するエア バス「A321」のうち11機がフルフラットシートを備え、開閉可能なド アが付いた個室タイプの座席「プライベートスイート」も用意される。 ニューヨーク-ロサンゼルスとニューヨーク-サンフランシスコの2路 線で2014年から導入する予定。

バークレイズのアナリスト、デービッド・フィンツェン氏はインタ ビューで、2000年に運航を始めたジェットブルーにとってこの新サービ スは必要な変化の始まりにすぎないと指摘。「ジェットブルーはほかに も取り組む必要がある問題を抱えている」と述べた。

原題:JetBlue Seeks First-Class Boost to Trim Gap on Rivals (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE