米大統領:ロシアをスノーデン氏対応で批判-G20は出席予定

オバマ米大統領は先週の世界規模の 渡航注意と在外公館の一時閉鎖について、テロの脅威で十分に正当化さ れるものだとの見解を明らかにした。6日放送のNBCテレビとのイン タビューで語った。

同大統領はまた、元米中央情報局(CIA)職員のエドワード・ス ノーデン容疑者の引き渡しを拒否しているとして、ロシア政府を批判し た。同大統領は来月ロシアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に 依然出席する予定だと述べたが、モスクワでプーチン大統領との首脳会 談を個別に行うかどうかは明言しなかった。

原題:Terror Threats ‘Significant Enough’ to Merit Warning, Obama Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE