アジア株:MSCI指数が1%安、円高で日本株を中心に下落

7日のアジア株式相場は、日本株を 中心に下落。日銀が7、8日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を見 送るとの観測が広がり、円相場は対ドルで6週間ぶりの高値を付けた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時48分現在、前日比 1%安の134.43。このままの水準で取引を終了すれば、下落率は今月に 入って最も大きくなる。天然ガス先物や銅相場も下げている。

素材関連やテクノロジー銘柄が下げを主導。4-6月(第1四半 期)の赤字転落を発表した宇部興産が安い。韓国最大の自動車メーカー であるヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)もソウル市場で売 られている。賃金交渉が決裂し、労組がスト入りの構えを見せているこ とが材料視された。

原題:Japan Drives Asian Stock Index Lower on Yen as Gas to Gold Slide(抜粋)

--取材協力:Masaki Kondo、Emma O’Brien. Editors: Katrina Nicholas, Nick Gentle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE