米ディズニー4-6月期:利益伸び悩む、映画部門の費用響く

世界最大のエンターテインメント会 社、米ウォルト・ディズニーの4-6月(第3四半期)利益は伸び悩ん だ。アクション映画「ローン・レンジャー」のマーケティング費用がか さんだことや、ネットワークのABCテレビの減収が響いた。

6日の発表資料によると、純利益は18億5000万ドル(約1810億円、 1株当たり1.01ドル)となった。前年同期は18億3000万ドル(同1.01ド ル)。一部項目を除いた1株利益は1.03ドルで、ブルームバーグが集計 したアナリスト30人の予想平均(1.01ドル)を上回った。

ジェイ・ラスロ最高財務責任者(CFO)は投資家向け電話会議 で、「当社が直面した数々の逆風を考慮すれば、今回の決算には非常に 満足している」と述べた。

ディズニーは「ローン・レンジャー」の製作に2億2500万ドルを投 じたが、世界全体の興行収入は費用を下回っており、同作品で最大1 億9000万ドルの損失を今四半期に計上する見通し。映画部門の利益が減 少し、ABCテレビが振るわない一方で、ESPNやA&E、子供向け チャンネルなどのケーブルテレビ(CATV)局とテーマパーク部門が 引き続き同社の成長を後押しした。

売上高は前年同期比4.4%増の116億ドル。アナリスト27人の予想平 均は117億ドルだった。

ディズニーの株価は決算発表後の時間外取引で1.7%下落して65.88 ドル。通常取引終値は前日比1.6%高の67.05ドル。

部門別では、映画部門の利益が36%減少し2億100万ドル。主力の メディア・ネットワーク部門の営業利益は8.2%増の23億ドル。番組費 用が増加してABCテレビは減収となったが、有料テレビサービスや広 告からの収入が伸びた。リゾート・テーマパーク部門の利益は景気回復 などを追い風に9.4%増加し、6億8900万ドルとなった。

原題:Disney Profit Little Changed as ‘Lone Ranger’ Hits Film Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE