イタリアとスペイン債が上昇、独指標で高利回り求める動き

6日の欧州債市場ではイタリアとス ペインの国債が上昇した。ドイツの製造業受注が予想を大幅に上回る増 加となり、高利回り資産の需要を支える要因となった。

イタリア10年債利回りは7週間ぶり低水準に下げた。同国経済の縮 小ペースが4-6月(第2四半期)に緩和したほか、欧州中央銀行( ECB)の当局者が政策金利を一段と引き下げる可能性を示唆し、景気 回復が勢いを増すとの楽観が強まった。オーストリアは10年債を7 億7000万ユーロ発行、ギリシャは6カ月物証券の入札を実施した。ドイ ツは40億ユーロ相当の5年債入札を7日に予定している。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「状況は想定を上回るペースで改善している」とし、「イタリア とスペインの国債は向こう数週間にわたって支えられるだろう」と語っ た。

ロンドン時間午後4時34分現在、イタリア10年債利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.26%。一時 は4.22%と、6月14日以来の低水準に並んだ。同国債(表面利 率4.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.17上げ102.275。同年限の スペイン国債の利回りは3bp下げて4.57%。

独経済技術省が発表した6月の製造業受注指数は前月比3.8%上 昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト42人の予想中央 値は1%上昇だった。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇し1.70%。2日には1.73%まで上 げ、7月5日以来の高水準となった。

ECBのプラート理事は同中銀のフォワードガイダンス(時間軸政 策)について、政策金利が下方限界に達してはいないことを伝えるもの だと説明した。ウェブサイトVoxEUでコメントした。

英国債市場では5年債相場が6営業日続落。英公債管理局( DMO)はこの日、満期5年の国債を45億ポンド発行した。

既発の5年債利回りは2bp上昇し1.40%。一時は1.43%と、7月 8日以来の高水準となった。同国債(表面利率1.25%、2018年7月償 還)価格はこの日、0.09下げ99.28。10年債利回りは2.48%で、前日か らほぼ変わらず。

原題:Italian Bonds Rise With Spanish Debt on Signs Economy Is Growing(抜粋) Pound Declines Versus Euro Before BOE Report on Forward Guidance (抜粋)

--取材協力:Morgane Lapeyre. Editors: Keith Jenkins, Nicholas Reynolds

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE