NY外為:ユーロが対ドルで上昇、独統計好感-豪ドルも高い

6日のニューヨーク外国為替市場で はユーロがドルに対して上昇。6月のドイツ製造業受注が予想を上回 り、域内の景気が回復しつつある兆候と受け止められた。

ユーロは主要16通貨の大半に対して上昇。イタリア経済の縮小ペー スが鈍化したことが買い材料となった。円は対ドルで約6週間ぶりの高 値を付けた。オーストラリア・ドルは対米ドルで続伸。オーストラリア 準備銀行(中央銀行)が政策金利を過去最低水準に引き下げ、追加利下 げ観測が後退した。

バンク・オブ・ノバスコシアの為替戦略責任者、カミラ・サットン 氏(トロント在勤)は「ドイツの製造業受注が予想を上回ったことが支 援材料となり、経済的に欧州の見通しがようやく改善し始めたとの見方 を支えた」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.4%高の1ユ ーロ=1.3305ドル。ユーロは対円で0.2%下げて1ユーロ=130円05銭。 円は対ドルで0.6%上昇して1ドル=97円74銭。一時は97円51銭と、6 月26日以来の高値だった。

ポンドが下落

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は7日、ガイダン スに関する当局の所見を公表する。この日の英ポンドは対ユーロで4日 ぶりに下げた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは年初から5.8%上昇。ドルは4.8%高、一方、円 は8.2%下落した。

主要7カ国(G7)通貨の間のボラティリティを示すJPモルガ ン・チェースのG7ボラティリティ指数は9.42%に低下し、日中取引の 水準としては約2週間ぶりの低水準となった。

独経済技術省が発表した6月の製造業受注指数は前月比3.8%上 昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト42人の予想中央 値は1%上昇だった。5月の指数は前月比0.5%低下だった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、最近の指標はユーロ 圏経済が最悪期を脱したことを示唆しているとの認識を示した。同時 に、当局が予見可能な将来において低金利を維持する方針であることを 重ねて表明した。

豪ドルは上昇

スティーブンス総裁率いる豪中銀はオフィシャル・キャッシュレー トの誘導目標を0.25ポイント引き下げ、過去最低の2.5%に設定した。 声明で「豪準備銀行は、これまではインフレ見通しが政策の一段の緩和 余地をもたらし得ると表明してきた」と指摘。これに対し、先月は物価 見通しは「一段の緩和余地をもたらす可能性がある」との見方を示して いた。

豪ドルは米ドルに対して0.6%上昇した。

米商務省が発表した6月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比22.4%縮 小し、342億ドルとなった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は435億ドルだった。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計330億ドル。前日は190億ドルだ った。この日の総額のうち対円でのドルのオプション出来高は167億ド ル、シェアは50%と最大だった。

原題:Euro at Almost 7-Week High After German Orders; Aussie Advances(抜粋)

--取材協力:Neal Armstrong. Editors: Greg Storey, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE