香港株:ハンセン指数、1カ月ぶり大幅安-HSBC決算響く

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が約1カ月ぶりの大幅安となった。英銀HSBCホールディングスの利 益が市場予想を下回ったことが響いた。米ダラス連銀のフィッシャー総 裁が月850億ドルの債券購入に依存しないよう警告したことなども重し となった。

欧州の銀行最大手HSBC(5 HK)は5%安。スチュアート・ガリ バー最高経営責任者(CEO)が決算発表後に、新興市場の減速が利益 に影響を及ぼしていると述べたことが嫌気され、指数全体を押し下げ た。

製紙会社の理文造紙(2314 HK)は投資判断引き下げを受けて10% 下落。ベビーケア用品の合生元国際(1112 HK)は3.6%下げた後、売買 停止となった。粉ミルクの価格設定に関して当局が調査している。

ハンセン指数は前日比298.31ポイント(1.3%)安の21923.70と、 4営業日ぶりに反落。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.8%安 の9650.42で終了した。

アンプル・キャピタルの香港在勤ディレクター、アレックス・ウォ ン氏は「HSBCが引き金を引いた」と指摘。「投資家は新興市場から 引き揚げて先進国に戻りつつある。これは今の世界的な現象で恐らく今 後も続くだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Decline Most in Month on HSBC, Stimulus Concern(抜粋)

--取材協力:Emma Bi. Editors: Jim Powell, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE