「水玉の女王」草間が3位-女性芸術家オークション売上総額

美術品オークションの売上総額が過 去最高の女性芸術家は、米画家ジョアン・ミッチェル(1925-1992)で あることが分かった。

アートネットのデータベースを基にブルームバーグが集計したとこ ろによると、第2世代の抽象表現主義の画家、ミッチェルの作品の売上 総額は1985年から2013年5月31日までの期間で計2億3980万ドル (約235億円)だった。

この期間に売却されたミッチェルの作品は646点で、2011年に落札 された1960年作のキャンバス画が930万ドルで最高値だった。

オークションの落札価格は近年、上昇しているが、女性芸術家の作 品の価格は男性芸術家には追い付いていない。2012年に市場をけん引し たアンディ・ウォーホルの作品の売上総額は同年だけで計3億8030万ド ルに達した。

女性芸術家上位20人の作品の売上総額は18億ドル。2位は米印象派 の画家メアリー・カサット(1844-1926)で、1098点が計1億3650万ド ルで売却された。

3位はサイケデリックな色彩と水玉模様をモチーフとする作品で 「水玉の女王」と呼ばれる80歳代の日本人芸術家、草間彌生で、計1 億2770万ドルだった。存命中の画家では草間が首位で、作品の価格 は2002年以降、約880%上昇している。

原題:Top 20 Female Artists Fetch $1.8 Billion; Mitchell Leads List(抜粋)

--取材協力:Maryann Busso. Editors: Manuela Hoelterhoff, Jeremy Gerard

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE