バークレイズ、エネルギーM&Aの人材引き留めに成功-関係者

英銀バークレイズはエネルギー関連 企業の合併・買収(M&A)を担当する米国チームの主要メンバー数人 をもう少しで失うところだった。事情に詳しい複数の関係者が明らかに した。これらバンカーは報酬や欧州の銀行規制強化を懸念していたとい う。

バークレイズの米石油・天然ガスチームのグレゴリー・ピプキン共 同責任者を含む上級メンバー数人は4月、バンク・オブ・アメリカ (BOA)やウェルズ・ファーゴからの移籍の打診を検討した。情報が 非公表であることを理由に関係者が匿名で明らかにした。関係者の1人 によると、5月にバークレイズの米州部門最高経営責任者(CEO)に 就任したヒュー・マギー氏が社にとどまるよう説得した。

バークレイズは昨年、エネルギー関連のM&A助言ランキングで首 位だった。このため同チームから人材流出が起きれば大きな打撃となっ ていた。

原題:Barclays Said to Have Averted Defections of Energy M&A Advisers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE