円が反落、株持ち直しで売り強まる-朝方は対ドルで97円後半

東京外国為替市場では午後の取引で 円が反落。株価にらみの展開が続く中、日本株の下落を背景に円買いが 優勢となっていたが、株価が切り返したことで、リスク回避姿勢の後退 が意識され、円を売る動きが強まった。

ドル・円は1ドル=98円30銭付近で東京市場を迎えた後、徐々に値 を切り下げ、正午すぎには一時97円84銭と3営業日ぶりの水準まで円高 が進行。その後TOPIX、日経平均株価が急速に下げ渋るにつれ、円 売りが優勢となり、一時98円55銭を付けた。午後3時40分現在は98円50 銭前後。

ユーロ・円相場も一時先月31日以来の水準となる1ユーロ=129 円81銭まで円高が進んだが、その後130円59銭まで円売りが進行。同時 刻現在は130円50銭前後で取引されている。ユーロ・ドル相場は1ユー ロ=1.32ドル台半ばから後半でもみ合い。

みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、「アベノミク ス、日銀緩和への期待で株高・円安がワンセットになって進んできた中 で、投資家がそのポジションを落とすときには両方を巻き戻す傾向があ る」と指摘。一方、「リスクオンの時には調達通貨の円が売られやすく なる」と話していた。

日本株反発

6日の東京株式相場は反発。朝方は小安く始まり、その後一気に下 げ幅を拡大したが、午後にはプラス圏に浮上し、TOPIX、日経平均 ともこの日の高値で引けた。

IG証券の石川順一マーケットアナリストは、先週末の米雇用統計 のさえない内容を引きずって米QE(量的緩和)縮小観測が小康状態と なる中、今週は米国で重要指標の発表が少ないため、米国外の材料が注 目になると指摘。特に週後半に発表される中国指標がポイントで、「景 気減速リスクが改めて確認されれば、株式市場にとってネガティブ要因 ということで円買いが強まるし、強い指標が出れば再びクロス円(ドル 以外の通貨の対円相場)を中心に円売りが強まる」と話した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)はこの日、政策金利を0.25ポ イント引き下げ、過去最低の2.5%にすると発表した。結果は予想通り で、結果発表後、豪ドルは急反発した。

--取材協力:大塚美佳、Masaki Kondo. Editors: 青木 勝, 山中英典

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE