米企業の社債保証コスト、ほぼ変わらず-2週間ぶり低水準付近

5日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストはほぼ変わらず。米 供給管理協会(ISM)の7月の非製造業総合景況指数が上昇する中、 2週間ぶりの低水準付近で推移した。

ブルームバーグが集計したデータによると、北米企業の信用リスク の指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニ ューヨーク時間午後5時2分(日本時間6日午前6時2分)現在、0.1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の72.8bp。前週末 は72.7bpと、7月22日以来の低水準で終了した。

INGインベストメント・マネジメントのマネーマネジャー、ドリ アン・ギャレー氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)による月間850 億ドル(約8兆3500億円)の債券購入の縮小時期をめぐり、経済指標は 強弱まちまちの内容を投資家に示していると語った。

ギャレー氏は電話インタビューで、「現在は緩和縮小のタイミング をめぐる不確実性が高い時期にある」と指摘。市場は依然として多くの 指標において、FRBに資産購入縮小を促す可能性がある適正な水準を 探っていると述べた。

原題:U.S. Company Credit Swaps Hold; DreamWorks Plans First Bond Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE