8月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対円で続落、緩和策の縮小観測で-NZドル下落

5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で続落。投資家は 米金融当局が緩和策を縮小させる時期を見極めようとしている。

ドルは主要16通貨の過半数に対して下落。先週発表された7月の米 雇用統計で雇用者の増加幅が市場予想を下回った。この日の円は上昇。 日本株が下げ、安全資産としての円の需要が高まった。英ポンドは上 昇。英国では7月のサービス業活動がエコノミスト予想を上回るペース で拡大した。ニュージーランド(NZ)・ドルは下落。中国がニュージ ーランドのフォンテラ・コーポラティブ・グループから粉ミルクの輸入 を停止したことが影響した。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「雇用統計は最良の内容ではなか った。さらに米当局はいつ緩和策を縮小するのか、その見通しをまった く示していない」と述べた。「今週は日本銀行が金融政策会合を開く。 日銀が近く何らかの措置を講じるとは考えていない。従ってそれも一連 のクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)での値固めの理由としてあり 得る」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.7%下げて1ドル =98円30銭。ドルは対ユーロで0.1%上昇して1ユーロ=1.3258ドル。 円は対ユーロで0.8%上昇して1ユーロ=130円33銭。

主要10通貨に対するブルームバーグの米ドル指数は0.2%下げ て1027.04。

NZドル下落

NZドルは対米ドルで6日続落。乳製品世界最大手の同国のフォン テラは3日、ニュージーランドの工場で昨年生産された一部の乳清タン パクにバクテリアが混入している可能性があると説明した。このバクテ リアはまれではあるがボツリヌス中毒症を引き起こす恐れがある。

NZドルは米ドルに対して0.2%下げた。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計190億ドル。前営業日は330億ド ルだった。この日の総額のうち対円でのドルのオプション出来高は41億 ドル、シェアは21%と最大だった。

米労働省が2日に発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇 用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比16万2000人増加した。こ れは4カ月ぶりの低い伸び。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミストの予想中央値は18万5000人増だった。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・キム 氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は、今回の雇用統計の内容 だと、「9月の緩和策縮小は若干早いかもしれない。12月の可能性がよ り高いのではないだろうか?といった疑問が生まれるだろう。個人的に は緩和策の縮小は2014年よりも2013年に起きるとみている」と続けた。

ISMの非製造業景況指数

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業景況指数は56 と、前月の52.2から上昇し、5カ月ぶりの高水準となった。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は53.1だった。同指数で50は 活動の拡大と縮小の境目を示す。ISMの指数後にドルは一時、下げ幅 を縮小した。

日銀は7-8日に政策委員会・金融政策決定会合を開く。8日には 黒田総裁が記者会見する。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは過去6カ月間で5%上昇。ユーロは2.7%高、円は0.5% 下げた。

原題:Dollar Falls Second Day Against Yen on Fed Outlook; Kiwi Slides(抜粋)

◎米国株:反落、地区連銀総裁発言とサービス業指数で緩和縮小観測

米株式相場は前週末に付けた最高値から反落。サービス業活動を示 す指標が予想より強かったほか、地区連銀総裁の発言を受けて、金融当 局の債券購入縮小が近いとの見方が強まった。

パルトグループやD.R.ホートンなど住宅建設株が安い。パイパ ー・ジャフレーが投資判断を引き下げたクアルコムは下落。一方、タイ ソン・フーズは大幅高。決算が予想を上回った。

S&P500種株価指数は前営業日比0.2%安の1707.14で終了。ダウ 工業株30種平均は46.23ドル(0.3%)安の15612.13ドルで終えた。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツのウォルター・トッド 最高投資責任者(CIO)は「市場参加者は一服しており、非常に積極 的な上げ相場の後の小休止だ」と話した。

S&P500種は先週、1.1%上昇し、初めて1700を上回った。年初か らは20%上昇。ブルームバーグがまとめたデータによると、予想株価収 益率(PER)は15.5倍と、過去5年の平均である13.9倍を上回ってい る。

ダラス連銀のフィッシャー総裁は、米金融当局が月間850億ドルの 債券購入を縮小させる時期は近づいていると指摘し、緩和策に依存しな いよう投資家に呼び掛けた。

「プットに慣れ過ぎ」

フィッシャー総裁はオレゴン州ポートランドで講演し、相場が下落 すれば信用が緩和されるという「米当局の『プット(売る権利)』と一 部で呼ばれる考え方に金融市場は慣れ過ぎた可能性がある」と指摘。 「当局が無制限に相場を支え続けると期待するようになった向きもあ る。これは金融資産の価格をゆがめ、深刻な資本の誤配分を招く恐れが ある」と続けた。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業総合景況指数 は56と、前月の52.2から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト予想の中央値は53.1だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目 を示す。

予想を上回る決算もここ数週間、株価を支えている。ブルームバー グがまとめたデータによれば、第2四半期の決算を発表した393社のう ち74%で利益が予想を上回った。第3四半期の増益率予想は3.3%、第 4四半期は9.9%となっている。

S&P500種のセクター別では全10業種のうち8種が下落。公益事 業株と工業株の下げが目立った。一方、情報技術(IT)と生活必需品 は上げた。

住宅建設株

S&P住宅建設株指数は1.9%下落。構成する11銘柄全てが下げ た。RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ロバート・ウェテン ホール氏は受注減速と金利上昇の可能性を受け、投資家の心理が一段と 悪化する可能性があると指摘した。

クアルコムは0.8%安。パイパー・ジェフレーは高価格スマートフ ォン(多機能携帯電話)の部品の需要低下を投資判断引き下げの理由に 挙げた。

バークレイズの米株式戦略責任者、バリー・ナップ氏は年末時点の S&P500種の予想を1525から1600に上方修正した。これはブルームバ ーグがまとめたストラテジスト17人のうち下から2番目に低い予想と同 水準で、先週末の終値から6.4%下落することを示している。同氏は9 月にFOMCが資産購入を縮小すると予想、S&P500種は自身の予想 をいったん下回ってから安定するとの見通しを示した。一方、経済統計 の改善で年末予想を上方修正する必要性が生じたことも認めた。

原題:U.S. Stocks Fall From Record Amid Fisher Comments, Services Data(抜粋)

◎米国債:下落、サービス業景況拡大が予想上回る-緩和縮小の観測

米国債相場は下落。米サービス業の景況が予想以上に拡大したこと が景気回復の新たな兆候と受け止められ、年内に金融当局による債券購 入の縮小が始まるとの見方が広がった。

週間ベースでみると、米国債は過去2週間を軟調に推移。7月の米 雇用統計では雇用者数の伸びが予想を下回ったものの、債券購入の縮小 を可能にするほど十分なペースで景気は拡大しているとの見方が背景に あった。失業率は2008年以来の水準に低下した。ダラス連銀のフィッシ ャー総裁はこの日、資産購入プログラムの縮小に近づいていると発言。 米財務省は今週、3年債と10年債、30年債の入札(合計720億ドル)を 予定している。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「プラスのデータが続いている」と語る。「9月縮 小観測が消えていないのは失業率が低下したからだ」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、10年債利回りは前営業日比4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇の2.63%。同年債(表面利回り1.75%、償 還2023年5月)価格は10/32下げて92 14/32。

ブルームバーグ米国債指数によると、年初来の米国債リターン は2.6%のマイナス。2012年通年では2%のプラスだった。

「非常に強いデータ」

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業景況指数は56 と、前月の52.2から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト 予想の中央値は53.1だった。

ジェフリーズの政府債エコノミスト、トーマス・サイモンズ氏(ニ ューヨーク在勤)は「非常に強いデータだ」と指摘。「ISM統計は景 気全般が好調だと示唆した。今週は入札がある。おそらくは今の水準か ら少し利回りが上昇する方向になるだろう」と述べた。

米財務省は6日に3年債(320億ドル)、7日に10年債(240億ド ル)、8日に30年債(160億ドル)の入札を予定している。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏は「とにかく供給がすべてだ」と語る。「投資家はこれを買いの好機 ととらえるだろうか。それとも金利が上昇に向かうと懸念するだろう か」と問いかけた。

ダラス連銀のフィッシャー総裁は、米金融当局が月間850億ドルの 債券購入を縮小させる時期は近づいていると指摘し、緩和策に依存しな いよう投資家に呼び掛けた。今年の米連邦公開市場委員会(FOMC) で議決権を持たない同総裁は、量的緩和に批判的な立場で知られる。

プット依存を警告

フィッシャー総裁はオレゴン州ポートランドで講演し、相場が下落 すれば信用が緩和されるという「米当局の『プット(売る権利)』と一 部で呼ばれる考え方に金融市場は慣れ過ぎた可能性がある」と指摘。 「当局が無制限に相場を支え続けると期待するようになった向きもあ る。これは金融資産の価格をゆがめ、深刻な資本の誤配分を招く恐れが ある」と続けた。

ブルームバーグのデータによると、5年債と10年債のスプレッド (利回り差)は1.24ポイント。米国より高い格付けを付与されているソ ブリン債よりも幅が広くなっており、米経済が他国よりも急速に成長す ると債券投資家が見ていることを示唆している。

原題:Treasuries Fall as Report Shows Services Expansion Tops Estimate(抜粋)

◎NY金:5日続落、5月以来最長-ドル堅調で代替投資の買い後退

ニューヨーク金先物相場は5営業日続落。5月以来最長の連続安と なった。ドルの堅調を背景に、代替投資としての金買いが後退した。

ドルはこの日、対ユーロで一時0.4%高。金は年初から22%下落、 ドルは同期間に対主要10通貨で4.2%上昇している。米金融当局が緩和 策のペースを減速するとの見方も、価値保存手段としての金買いを控え る要因となった。

ヘラエウス・プレシャス・メタルズ・マネジメント(ニューヨー ク)のバイスプレジデント、デービッド・リー氏は電話インタビュー で、「対ユーロでのドル上昇が金への売り圧力になっている」と指摘。 「米当局による一段の明確さが望まれる中、様子見姿勢も見られる」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比0.6%安の1オンス=1302.40ドルで終了した。

原題:Gold Posts Longest Losing Streak Since May as Dollar Advances(抜粋)

◎NY原油:続落、リビア石油相発言で増産観測が台頭

ニューヨーク原油相場は続落。リビアの増産計画が売りを誘った。 またイランのロウハニ新大統領は就任宣誓の演説で、過激主義を退け穏 健なアプローチをとると公約した。

リビアのアルシ石油相は首都トリポリで、月間産油量を現行の日 量70万バレルから9月には80万バレルに引き上げるだろうと述べた。別 のリビア当局者によると、マルサブレガ港は操業を再開した。ウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は先週、リビアからの 輸出減少を材料に2.1%値上がりしていた。イランのロウハニ大統領は 前日、石油輸出の解禁を欧米諸国に訴えた。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「リビ ア石油相による増産発言が伝わるとすぐ、相場は1ドル下げた」と指 摘。「先週の上昇を支えてきたリビア輸出への懸念がこれで和らいだ」 と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前営業 日比38セント(0.36%)安の1バレル=106.56ドルで終了。一時は1.24 ドル下げる場面もあった。

原題:WTI Crude Falls for Second Day on Libyan Plans for Output Boost(抜粋)

◎欧州株:年初来最長の6日続伸、サービス業指標で-ロイズに買い

5日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は年初 来最長の6営業日続伸となった。英銀HSBCホールディングの利益が 予想を下回ったものの、ユーロ圏のサービス業経済活動の縮小ペースが 当初見積もりから鈍化したことが好感された。

英銀ロイズ・バンキング・グループは2.7%高。同行が利益の最 大70%を配当に充てると、フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた ことが手掛かり。英旅行会社トーマス・クックとイタリアのメディア大 手メディアセット、英発電会社ドラックス・グループは大幅高。いずれ もアナリストらによる投資判断引き上げが買い材料。一方、英銀 HSBCは1年8カ月ぶりの大幅安。

ストックス欧州600指数は前週末比0.2%高の304.74で終了。一時 は0.6%高となった。先週は1.8%上げた。欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁が政策金利は長期にわたり低水準にとどまるとあらためて表明 したことが相場の支えになった。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントで欧州株の責任者を 務めるアンドレア・ウィリアムズ氏は「経済データがようやく改善しつ つある」とし、「米国発のデータは引き続き強く、欧州の中核国もまあ まあ。バリュエーション(株価評価)はまだ支援材料だ」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600指 数の株価収益率(PER、予想収益ベース)は13.9倍と、2009年12月以 来の高水準。

5日の西欧市場では17カ国中11カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.1%上昇。独DAX指数は0.1%下げ、英FTSE100 指数は0.4%安となった。アイスランド市場は祝日のため休場だった。

英マークイット・エコノミクスがこの日発表した7月のユーロ圏サ ービス業景気指数(改定値)は49.8と、6月の48.3から上昇。先月24日 発表の速報値49.6から上方修正された。同指数は50が活動拡大・縮小の 分かれ目。英国では7月のサービス業活動がエコノミスト予想を上回る ペースで拡大し、6年余りで最速となった。

原題:European Stocks Rise for Sixth Day in Longest Streak This Year(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債下落、サービス業指標で需要後退-英国債も下げる

5日の欧州債市場ではドイツ国債が下落、10年債利回りは1カ月ぶ り高水準に接近した。7月の米非製造業景況指数がエコノミスト予想を 上回る伸びとなり、比較的安全とされる資産を求める動きが後退した。

フランスとベルギーの国債も下げた。ユーロ圏サービス業の7月の 経済活動の縮小ペースが鈍化し、域内経済が過去最長のリセッション (景気後退)から脱却しつつある兆候が強まった。スペイン国債も下 げ、利回りは6週間ぶり低水準から上昇。オランダとフランスはこの 日、証券入札を実施した。

INGグループのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジ アンサンティ氏(アムステルダム在勤)は「米サービス業のデータは非 常に印象深い」と述べ、「米経済指標に見受けられたプラスのトレンド を裏付ける内容だった。ドイツなど中核国の国債利回り上昇につながる だろう」と語った。

ロンドン時間午後5時2分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.69%。2日に は1.73%と、7月5日以来の高水準に達した。同国債(表面利 率1.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.32下げ98.32。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月のISM非製造業総合景 況指数は56と、前月の52.2から上昇した。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は53.1だった。同指数で50は活動の拡大と縮小 の境目を示す。

英マークイット・エコノミクス発表の7月のユーロ圏サービス業景 気指数(改定値)は49.8と、6月の48.3から上昇。先月24日発表の速報 値49.6から上方修正された。

スペイン10年債利回りは3bp上昇の4.59%。6月19日以来の低水 準となる4.54%まで下げる場面もあった。

英国債相場は下落。7月の英サービス業活動が6年余りで最速のペ ースで拡大し、安全資産を求める動きが後退した。45億ポンド相当の入 札を翌日に控えた5年債は5営業日続落となった。

英10年債利回りは前週末比5bp上昇し2.47%。2日には2.49% と、先月9日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率1.75%、2022年 9月償還)価格はこの日、0.385下げて94.135。5年債利回りは6bp 上昇の1.38%。

原題:German Bonds Fall With France’s as U.S. Report Damps Safety Bid(抜粋) Pound Strengthens as U.K. Services Beat Estimates; Gilts Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE