8月5日の米国マーケットサマリー:ドルは対円で続落、株は反落

ニューヨークの為替・株式・債券・ 商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3260   1.3276
ドル/円             98.30    98.94
ユーロ/円          130.34   131.34


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,612.13     -46.23     -.3%
S&P500種           1,707.14      -2.53     -.1%
ナスダック総合指数    3,692.95      +3.36     +.1%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .30%        +.00
米国債10年物     2.64%       +.04
米国債30年物     3.74%       +.05


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,302.40    -8.10     -.62%
原油先物         (ドル/バレル)  106.49      -.45     -.42%

◎NY外国為替市場

5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で続落。投資家は 米金融当局が緩和策を縮小させる時期を見極めようとしている。

先週発表された7月の米雇用統計で雇用者の増加幅が市場予想を下 回ったことがドル売り材料。この日の円は上昇。日本株が下げ、安全資 産としての円の需要が高まった。英ポンドは上昇。英国では7月のサー ビス業活動がエコノミスト予想を上回るペースで拡大した。ニュージー ランド(NZ)・ドルは下落。中国がニュージーランドのフォンテラ・ コーポラティブ・グループから粉ミルクの輸入を停止したことが影響し た。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「雇用統計は最良の内容ではなか った。さらに米当局はいつ緩和策を縮小するのか、その見通しをまった く示していない」と述べた。「今週は日本銀行が金融政策会合を開く。 日銀が近く何らかの措置を講じるとは考えていない。従ってそれも一連 のクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)での根固めの理由としてあり 得る」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時29分現在、ドルは対円で0.5%下げて1 ドル=98円48銭。ドルは対ユーロで0.1%上昇して1ユーロ=1.3260ド ル。円は対ユーロで0.6%上昇して1ユーロ=130円58銭。

◎米国株式市場

米株式相場は前週末に付けた最高値から反落。サービス業活動を示 す指標が予想より強かったほか、地区連銀総裁の発言を受けて、金融当 局の債券購入縮小が近いとの見方が強まった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前営業日比0.2%安の1707.14で終了。ダウ工業株30種平均は46.23 ドル(0.3%)安の15612.13ドルで終えた。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツのウォルター・トッド 最高投資責任者(CIO)は「何よりも市場参加者は一服しており、非 常に積極的な上げ相場の後の小休止だ」と話した。

◎米国債市場

米国債相場は下落。米サービス業の景況が予想以上に拡大したこと が景気回復の新たな兆候と受け止められ、年内に金融当局による債券購 入の縮小が始まるとの見方が広がった。

週間ベースでみると、米国債は過去2週間を軟調に推移。7月の米 雇用統計では雇用者数の伸びが予想を下回ったものの、債券購入の縮小 を可能にするほど十分なペースで景気は拡大しているとの見方が背景に あった。ダラス連銀のフィッシャー総裁はこの日、資産購入プログラム の縮小に近づいていると発言。米財務省は今週、3年債と10年債、30年 債の入札(合計720億ドル)を予定している。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「9月の縮小開始はい まだに大方のコンセンサスだ」と語る。「最近出た一連の強い経済統計 がそれに反映されている。今週の四半期定例入札を控えて、利回りは上 昇傾向にある」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時1分現在、10年債利回りは前営業日比5ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇の2.65%。同年債(表面利回り1.75%、償 還2023年5月)価格は13/32下げて92/ 11/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は5営業日続落。5月以来最長の連続安と なった。ドルの堅調を背景に、代替投資としての金買いが後退した。

ドルはこの日、対ユーロで一時0.4%高。金は年初から22%下落、 ドルは同期間に対主要10通貨で4.2%上昇している。米金融当局が緩和 策のペースを減速するとの見方も、価値保存手段としての金買いを控え る要因となった。

ヘラエウス・プレシャス・メタルズ・マネジメント(ニューヨー ク)のバイスプレジデント、デービッド・リー氏は電話インタビュー で、「対ユーロでのドル上昇が金への売り圧力になっている」と指摘。 「米当局による一段の明確さが望まれる中、様子見姿勢も見られる」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比0.6%安の1オンス=1302.40ドルで終了した。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油相場は続落。リビアの増産計画が売りを誘った。 またイランのロウハニ新大統領は就任宣誓の演説で、過激主義を退け穏 健なアプローチをとると公約した。

リビアのアルシ石油相は首都トリポリで、月間産油量を現行の日 量70万バレルから9月には80万バレルに引き上げるだろうと述べた。別 のリビア当局者によると、マルサブレガ港は操業を再開した。ウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は先週、リビアからの 輸出減少を材料に2.1%値上がりしていた。イランのロウハニ大統領は 前日、石油輸出の解禁を欧米諸国に訴えた。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「リビ ア石油相による増産発言が伝わるとすぐ、相場は1ドル下げた」と指 摘。「先週の上昇を支えてきたリビア輸出への懸念がこれで和らいだ」 と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前営業 日比38セント(0.36%)安の1バレル=106.56ドルで終了。一時は1.24 ドル下げる場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE