ドイツ債下落、サービス業指標で需要後退-英国債も下げる

5日の欧州債市場ではドイツ国債が 下落、10年債利回りは1カ月ぶり高水準に接近した。7月の米非製造業 景況指数がエコノミスト予想を上回る伸びとなり、比較的安全とされる 資産を求める動きが後退した。

フランスとベルギーの国債も下げた。ユーロ圏サービス業の7月の 経済活動の縮小ペースが鈍化し、域内経済が過去最長のリセッション (景気後退)から脱却しつつある兆候が強まった。スペイン国債も下 げ、利回りは6週間ぶり低水準から上昇。オランダとフランスはこの 日、証券入札を実施した。

INGグループのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジ アンサンティ氏(アムステルダム在勤)は「米サービス業のデータは非 常に印象深い」と述べ、「米経済指標に見受けられたプラスのトレンド を裏付ける内容だった。ドイツなど中核国の国債利回り上昇につながる だろう」と語った。

ロンドン時間午後5時2分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.69%。2日に は1.73%と、7月5日以来の高水準に達した。同国債(表面利 率1.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.32下げ98.32。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月のISM非製造業総合景 況指数は56と、前月の52.2から上昇した。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は53.1だった。同指数で50は活動の拡大と縮小 の境目を示す。

英マークイット・エコノミクス発表の7月のユーロ圏サービス業景 気指数(改定値)は49.8と、6月の48.3から上昇。先月24日発表の速報 値49.6から上方修正された。

スペイン10年債利回りは3bp上昇の4.59%。6月19日以来の低水 準となる4.54%まで下げる場面もあった。

英国債相場は下落。7月の英サービス業活動が6年余りで最速のペ ースで拡大し、安全資産を求める動きが後退した。45億ポンド相当の入 札を翌日に控えた5年債は5営業日続落となった。

英10年債利回りは前週末比5bp上昇し2.47%。2日には2.49% と、先月9日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率1.75%、2022年 9月償還)価格はこの日、0.385下げて94.135。5年債利回りは6bp 上昇の1.38%。

原題:German Bonds Fall With France’s as U.S. Report Damps Safety Bid(抜粋) Pound Strengthens as U.K. Services Beat Estimates; Gilts Decline (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE