ギリシャ:基礎的財政収支の黒字化と成長回帰に集中-財務相

ギリシャ政府はこの先数年間の資金 調達をどのように行っていくかより、年内にプライマリーバランス(基 礎的財政収支)を黒字化し、2014年初めから成長軌道に回帰することに 主眼を置いている。同国のストゥルナラス財務相が5日、ブルームバー グのインタビューで述べた。

ストゥルナラス財務相は、こうした目標を達成することがギリシャ の財政問題を解決する「きっかけ」になるだろうと述べた。

同財務相は「プランBはない。すべてはユーログループ(ユーロ圏 財務相会合)と合意したものだ」と発言。「今の目標は年内にプライマ リーバランスの黒字化を達成、一連の構造改革を完了し、経済成長率を プラスに戻すことだ。これらを達成できたなら残りの問題も解決するだ ろう」と続けた。

国際通貨基金(IMF)のスタッフが先週作成した報告書による と、ギリシャが救済プログラムで定められた目標を達成するには、さら なる資金と債務軽減措置が恐らく必要になる。同報告書によると、ユー ロ圏諸国とIMFが提供する救済プログラムの下、44億ユーロの資金が 来年不足する。

ストゥルナラス財務相は「2014年8月までギリシャは完全にカバー されている」と指摘し、「残りの期間については、ギリシャが条件をす べて満たした場合、ギリシャの協力国が資金不足を補うことに合意する と理解している。従って、この点においては大きな懸念はない」と述べ た。

原題:Greek Government Focused on Surplus and Growth, Stournaras Says(抜粋)

--取材協力:Maria Petrakis、Sandrine Rastello. Editors: Zoe Schneeweiss, Leon Mangasarian

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE