アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン指数上昇、中・印株も高い

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が上昇。経済が安定化しつつある兆 候が示される中、中国国家統計局などが3日発表した7月の非製造業購 買担当者指数(PMI)が3月以来の上昇を示した。

ベビーケア用品の合生元国際(1112 HK)は9.8%高。乳製品大手、 ニュージーランドのフォンテラ製の粉ミルクが汚染されているとの懸念 を受け、中国当局が輸入停止措置を取った。受注急減で政府支援を求め ている中国の造船会社、中国熔盛重工集団(1101 HK)は5.2%高。中国 政府が国内造船業界のてこ入れ策を発表した。電池メーカーの天能動力 国際(819 HK)は19%安と急落した後、売買停止となった。

ハンセン指数は前週末比31.04ポイント(0.1%)高の22222.01。同 指数は先週まで6週連続の値上がりと、昨年10月以降で最長の上昇局面 となっている。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末 比0.1%安の9725.96で終了した。

エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループ資産運用部門のシニア マネーマネジャー、デービッド・ゴード氏(香港在勤)は「中国経済は 安定化しつつあるが、重要なのは勢いとトレンドの変化だ」と指摘。 「輸出統計は恐らくかなりのポジティブサプライズとなる。それが中国 に必要な追加の押し上げ材料となる可能性がある」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は5営業日続伸。2カ月ぶりの長期上昇局面となっ た。消費関連やヘルスケア、テクノロジー銘柄がけん引。国家統計局な どが3日発表した7月の非製造業購買担当者指数(PMI)が3月以降 で初めてサービス業活動の拡大加速を示した。

小売りでは上海友誼集団(600827 CH)が4.8%高。重慶百貨大楼 (600729 CH)は5.6%上げた。乳製品生産の内蒙古伊利実業集団 (600887 CH)は3.1%上昇。ニュージーランドの同業フォンテラ製の粉 ミルク輸入を中国政府が停止した。医薬品の雲南白薬集団(000538 CH)は1.8%高で、約1週間ぶりの高値となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前週末比21.06ポイント(1%)高の2050.48。上海、深 圳両証取のA株に連動するCSI300指数は1.4%高の2278.33で終了し た。

華西証券の毛勝アナリストは非製造業PMIの発表を受けて「経済 成長への懸念が和らいでいる」と指摘。「中国の乳製品メーカーにとっ てフォンテラ製品の輸入停止はプラス材料だ。収益向上が期待できる」 と指摘した。

【インド株式市況】

インド株式相場は総じて高い。前週末までの8営業日続落が行き過 ぎとの見方が広がった。資源とソフトウエア銘柄が買われた。

インド最大の産銅会社、スターライト・インダストリーズは4.5% 上昇。石炭生産で国内最大手のコール・インディアは5週間ぶり大幅 高。タタ・コンサルタンシー・サービシズは続伸した。

ムンバイ市場でのS&Pセンセックス指数は前週末比18.24ポイン ト(0.1%)高の19182.26で終了。騰落比率は3対2だった。同指数は 先週3%下落。ルピー安で海外勢の資金流出加速が懸念されたほか、同 国最大の商品取引所で売買停止が発生し、一部投資家が追い証(追加証 拠金の差し入れ義務)を満たすため株式を売却すると危惧されたため だ。

センセックス指数は年初来で1%余り下げている。同指数の株価収 益率(PER、予想収益ベース)は13.5倍と、7月23日時点の14.3倍を 下回る水準。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比5.51ポイント(0.1%)安 の5111.25。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比7.16ポイント(0.4%)安の1916.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比38.75ポイント(0.5%)高の8138.63。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE