人民元上昇、93年末以降の最高値に迫る-中心レートやPMIで

中国人民元は5日、対ドルで約1カ 月ぶりの大幅上昇となり、この19年間の最高値まで0.1%以内に迫っ た。中国人民銀行(中央銀行)が中心レートを元高方向に引き上げたこ とに加え、国家統計局などが発表した7月の非製造業購買担当者指数( PMI)が3月以来の上昇となったことが材料。

人民銀は中心レートを0.08%高と7月11日以来の大きさで引き上 げ、1ドル=6.1767元に設定した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場 で前週末比0.08%高の6.1247元と、中心レートを0.85%上回る水準とな った。5月27日には一時6.1210元と、公定・市場レートが統合され た1993年末以後の高値を付けた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、香港オフショア市場で 元は0.07%高の6.1228元。これで7営業日続伸と、2011年7月以降で最 長の値上がり局面となった。この間の上昇率は0.22%。1年物ノンデリ バラブル・フォワード(NDF)は0.25%高の6.2750元で、6月以来の 大幅高。

原題:Yuan Rises to Just Shy of 19-Year High on Fixing, Services PMI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE