英サービス業活動が加速、6年ぶり速いペース-回復定着の兆候

英国では7月のサービス業活動がエ コノミスト予想を上回るペースで拡大し、6年余りで最速となった。英 景気回復が勢いを増している兆候が強まった。

マークイット・エコノミクスと英国購買部協会(CIPS)の調査 に基づく7月の英サービス業景気指数は60.2と、6月の56.9から上昇 し、2006年12月以来の高水準に達した。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト30人の予想中央値(57.4)も上回った。同指数は50 が活動拡大と縮小の分かれ目。

イングランド銀行(英中央銀行)は今週、経済成長率とインフレの 最新見通しを公表の予定。カーニー総裁はこれに合わせてフォワードガ イダンス(時間軸政策)導入に関する所見を公表する。

マークイットのエコノミスト、ポール・スミス氏(ロンドン在勤) は「単月の経済データで判断するのは尚早だが、国内総生産(GDP) が一段と堅固となる先行きを調査は示している」とし、「サービス業は 実際に勢いを増しているようだ。潜在的な経済環境と企業景況感は改善 している」と分析した。

原題:U.K. Services Surge to Fastest Growth in More Than Six Years (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Evans. Editors: Fergal O’Brien, Eddie Buckle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE