香港株:ハンセン指数値上がり-非製造業PMI上昇が支えに

香港株式市場ではハンセン指数が上 昇。経済が安定化しつつある兆候が示される中、中国国家統計局などが 3日発表した7月の非製造業購買担当者指数(PMI)が3月以来の上 昇を示した。

ベビーケア用品の合生元国際(1112 HK)は9.8%高。乳製品大手、 ニュージーランドのフォンテラ製の粉ミルクが汚染されているとの懸念 を受け、中国当局が輸入停止措置を取った。受注急減で政府支援を求め ている中国の造船会社、中国熔盛重工集団(1101 HK)は5.2%高。中国 政府が国内造船業界のてこ入れ策を発表した。電池メーカーの天能動力 国際(819 HK)は19%安と急落した後、売買停止となった。

ハンセン指数は前週末比31.04ポイント(0.1%)高の22222.01。同 指数は先週まで6週連続の値上がりと、昨年10月以降で最長の上昇局面 となっている。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末 比0.1%安の9725.96で終了した。

エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループ資産運用部門のシニア マネーマネジャー、デービッド・ゴード氏(香港在勤)は「中国経済は 安定化しつつあるが、重要なのは勢いとトレンドの変化だ」と指摘。 「輸出統計は恐らくかなりのポジティブサプライズとなる。それが中国 に必要な追加の押し上げ材料となる可能性がある」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Extend Gains as China Services Industry Expands(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE