今日の国内市況(8月5日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場 は以下の通り。

●日本株3日ぶり反落、過熱警戒し金融中心売り-売買代金ことし最低

東京株式相場は3営業日ぶりに反落。前週後半の連騰を受け相場の 短期過熱が警戒され、保険や銀行、電力など直近の上げが目立っていた 業種を中心に売られた。原油市況安や円高を受け鉱業など資源、自動車 など輸出関連株も安い。東証1部の売買高、売買代金はことし最低だっ た。

TOPIXの終値は前週末比11.43ポイント(1%)安の1184.74、 日経平均株価は208円12銭(1.4%)安の1万4258円4銭。

アストマックス投信投資顧問の山田拓也シニアファンドマネジャー は、「先週後半の上昇は行き過ぎた感があり、いったん利益確定売りが 出たようだ」と指摘。足元の企業決算の内容は決して悪くないが、「事 前の期待が高かっただけに、さらに日本株を買い増していくほどのイン パクトはない」と言う。

●債券上昇、雇用統計受けた米債高で買い-長期金利1週間ぶり低水準

債券相場は上昇。前週末の米国債相場が雇用統計を受けて上昇した 流れを引き継いだ。需給の良さを背景に投資家から現物債に買いが入っ たことが相場を押し上げ、長期金利は約1週間ぶりの水準まで下げた。

東京先物市場で中心限月の9月物は前週末比20銭高の143円56銭で 取引を開始し、直後に143円78銭と日中取引ベースで7月24日以来の高 値を付けた。その後は143円70銭を挟んだもみ合いが続いて、結局は36 銭高の143円72銭で引けた。

みずほ証券の三浦哲也チーフ債券ストラテジストは、7月の米雇用 統計は景気回復期待派にとっては失望だったとし、「発表前にショート (売り建て)にしていたので、逆の内容が出て買い戻しが入った」と説 明した。JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは「米 雇用統計は市場予想に届かず、米金利の一段の上昇リスクが後退したこ とで国内債でも待ち切れずに買いが先行した」と話した。

●ドルが98円前半へ下落、日本株下落で午後円買い強まる-米雇用消化

東京外国為替市場ではドルが対円で1ドル=98円台前半へ下落し た。前週末発表の米雇用統計が市場予想を下回り、ドル買い機運が削が れた中、日本株の下落を背景にリスク回避に伴う円買い圧力が強まっ た。

ドル・円相場は午前9時前後に98円80銭を付けた後、公表仲値が設 定される10時前に一時99円15銭までドル買いが進行。しかし、99円台は 定着せず、98円80銭前後でしばらくもみ合った後、午後2時半すぎから ドル売り・円買いが強まった。ドルは一時2営業日ぶり安値となる98 円33銭まで下落。4時5分現在は98円44銭前後となっている。

クレディ・アグリコル銀行外国為替部の斎藤裕司ディレクターは、 「米雇用統計はすでに消化した感があるが、夏休み前でドル・円の上値 が重い中、日本株も下落しており、テロへの警戒もあるので、下のスト ップ(損失を限定するためのドル売り・円買い注文)を付けにいった方 が早い」と指摘。米国の金融政策については「依然として9月を中心に 年内に緩和縮小を実施する可能性が高いとみている」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE