銀行の商品取引に関する指針、FRBは変更を-CFTC委員

米商品先物取引委員会(CFTC) のバート・チルトン委員は、米連邦準備制度理事会(FRB)が10年前 に決定した、銀行による現物商品の取引を認める指針を変更するべきで あるとの見解を示した。

FRBによる2003年の決定とそれに続く指針により、米シティグル ープやJPモルガン・チェース、モルガン・スタンレーなどの企業は商 品市場の関連分野へと事業を拡大することが認められた。米金融機関に よる価格のコントロールを容認すべきかどうかについて、米上院が調査 を進める中、FRBは先月、指針を見直す方針を示した。

チルトン委員(民主党)は5日、米綿花生産者の会議のために準備 した講演原稿で「銀行が電子サービスのほか綿花やトウモロコシ、家畜 を保有するのを望まない。アルミニウムや金、銀など何を保管するにし ても銀行が倉庫を保有することを望んでいない」とし、FRBは指針を 「変更することができるし、そうするべきだ」との見方を示した。

資産規模で米銀最大手のJPモルガンは、この問題に関して先月開 かれた上院公聴会の数日後に、現物商品資産の売却か分離を検討してい ることを明らかにした。分析会社コーリションの2月15日のリポートに よると、米銀主要10行の昨年の商品関連の収入は、現物商品や関連する 金融商品の取り扱いを含め計約60億ドル(約5900億円)だった。

原題:Fed Should Reverse Commodity-Trading Policy, CFTC’s Chilton Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE