【個別銘柄】ツムラやミツミが急落、都民銀は急伸、コスモ石も大幅高

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

ツムラ(4540):前週末比6.6%安の2683円。4-6月期の連結営 業利益は前年同期比11%減の54億円だった、と2日発表した。これを受 け、野村証券では同日付で投資判断を「中立」から「ウェート下げ」に 引き下げた。新規医師の獲得数が減少し、市場構造として医療用漢方の 伸びしろが限られてきている可能性がある、と指摘。円安による生薬価 格高騰影響が拡大し、収益性は今後さらに悪化しよう、との見方を示し た。

ミツミ電機(6767):5.9%安の729円。4-6月期の連結営業損失 は27億円と、前年同期の33億円からは縮小したが、赤字は継続。機構部 品でスマートフォン関連製品が伸びた半面、アミューズメント関連は低 調、半導体デバイスも減った。野村証券ではモバイル機器向けVCM (ボイスコイルモーター)の受注増予想などを踏まえ、投資判断「中 立」を継続したが、ゲーム関連で流通在庫が残っている点を見ると、計 画に対する業績のダウンサイドリスクは依然残るとした。

東京都民銀行(8339)と八千代銀行(8409):都民銀が6.1%高の1190 円、八千代銀が9.2%高の3155円。東京都に地盤を置く両行は経営統合 に向けた交渉に入った、と5日付の日本経済新聞朝刊が報じた。共同持 ち株会社を設立して傘下に両行が入る案を検討しており、2014年秋の統 合を目指すという。実現すれば預金量は4兆4000億円となり、首都圏の 地銀・第二地銀では上位グループに入るとしており、経営基盤の強化な どを期待した買いが膨らんだ。

コスモ石油(5007):7.1%高の197円。SMBC日興証券が2日付 で、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を210 円から300円に引き上げた。主力の千葉製油所の全面再稼働により、14 年3月期の営業利益予想を627億円から956億円(会社計画640億円)、 来期を802億円から989億円に増額修正した。坂出製油所の閉鎖も決定 し、構造的な固定費削減が進む見通し、と指摘している。

カシオ計算機(6952):5%高の972円。4-6月期の連結営業利益 は前年同期比9.8%増の40億円だった、と2日に発表した。時計の収益 性改善により、コンシューマ事業が好調だった。クレディ・スイス証券 では、時計の成長、赤字事業の改善で、業績に安心感がある、とリポー トに記述した。

日立造船(7004):5.7%安の149円。4-6月期の連結営業損失 は46億円(前年同期は4億6700万円の赤字)だった、と2日に発表し た。機械部門で舶用原動機などが低調に推移したほか、環境・プラント 部門では環境大口工事の売り上げ減少が響いた。14年3月期の連結営業 利益予想は前期比14%増の130億円を据え置いた。

三和ホールディングス(5929):5.6%高の601円。三菱UFJモル ガン・スタンレー証券が2日付で、投資判断を「中立」から「アウトパ フォーム」に、目標株価を640円から700円に引き上げた。重量シャッタ ーなどの国内受注が大幅に増加しており、非住宅分野を中心に国内業績 は堅調と指摘。株式市場が住宅着工ピークとその後の反動減を懸念視す るなか、非住宅分野へのエクスポージャーが大きい同社が相対的に選好 される可能性があるとした。

旭化成(3407):4%高の706円。2日午後に発表した水島地区エ チレンセンター設備の集約について、クレディ・スイス証券は、汎用石 油化学事業の競争力低下が懸念されるなか、具体的な集約が発表された ことはポジティブ、と2日付リポートで評価した。同事業の集約とコス ト競争力強化が進むことで、ケミカル事業の収益基盤がより安定し、非 石化事業の収益拡大による高い成長性が確保されようと、分析した。旭 化成と三菱ケミカルホールディングス(4188)は、水島地区エチレンセ ンターを16年春めどに三菱設備に集約すると発表した。

新東工業(6339):7.3%安の754円。4-6月期の連結営業利益は 前年同期比58%減の2億400万円だった、と2日に発表。欧州で鋳造装 置、北米でシェールガス採掘向けサンドコーティング設備が低調だった ほか、造船や建機向けの大型表面処理設備の低迷などが響いた。14年3 月通期見通しを39億円から35億円に下方修正、前期比では2.3%増益計 画が一転、8.2%減益になる見込み。

JUKI(6440):4.5%安の149円。1-6月期の連結営業利益 は15億円と、従来計画の17億円から12%下振れたもようと2日に発表。 在庫削減のため、生産調整を前倒しで実施したほか、新興国市場向けな どでの低価格商品の販売増、価格競争激化による利益率の低下が響い た。前年同期は6億6300万円の赤字。

プレシジョン・システム・サイエンス(7707):13%高の19万8500 円。13年6月期の連結純損益は10億1400万円の黒字と、従来計画の5 億6000万円の黒字から利益幅が拡大したもようと2日に発表。前の期は 1億8900万円の赤字。投資有価証券売却益が発生したほか、税務上の繰 越欠損金等の一時差異の回収可能性を検討した結果、繰延税金資産を計 上することに伴い法人税等調整額が発生する。

ダブル・スコープ(6619):4.9%安の423円。1-6月期の連結営 業損益が2億9100万円の赤字になったもよう、と2日に発表。従来計画 は3200万円の黒字。主力のリチウムイオン2次電池セパレータの販売数 量が減少、製造原価の上昇や想定以上の販売単価下落の影響を受ける。

三井倉庫(9302):4.7%高の510円。14年3月期の連結純利益は前 期比58%増の50億円になる見通し、と5日午後1時半に発表した。従来 予想は37億円だった。資産の効率的活用、財務体質の改善を図る観点か ら実施する固定資産の売却益を見込む。

クレハ(4023):3.5%高の353円。4-9月期の連結営業利益は従 来予想を12億円上回り、35億円(前年同期比27%減)になる見通し、と 2日発表した。クレディ・スイス証券は2日付リポートで、決算の印象 や短期的な株価への影響をポジティブ、と評価。通期営業利益計画(90 億円)は据え置いたが、中間決算時に上方修正の見通しで、同証予想 (105億円)の達成確度が高まった、と指摘した。

ユニチカ(3103):5.8%高の55円。4-9月期の連結純損益は9 億円の黒字(前年同期は9億3100万円の赤字)の見通し、と5日午前11 時に発表した。従来予想は2億円の黒字だった。高分子事業を中心に販 売数量が回復。為替差益や投資有価証券売却益の計上も寄与する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE