中国とロシア、フォンテラ乳製品の輸入を停止-NZ貿易相

中国とロシアがニュージーランド (NZ)のフォンテラ・コーポラティブ・グループから粉ミルクの輸入 を停止した。乳製品輸出で世界最大手のフォンテラが粉ミルクなどに汚 染物質が含まれている可能性を警告したことに伴う措置。

ニュージーランドのグローサー貿易相は5日、ウェリントンでの記 者会見で、ロシアが暫定的に全ての同国産乳製品の購入を停止したこと を明らかにした。

中国はフォンテラが調整粉乳に利用している乳製品原料粉末と乳清 タンパク(ホエイプロテイン)の輸入を停止した。同相によれば、ニュ ージーランド第1次産業省が先に説明していたような全てのフォンテラ 粉ミルク製品の輸入停止ではないという。

フォンテラは3日、昨年生産された一部製品にバクテリアが混入し ている可能性があると公表。このバクテリアはまれではあるがボツリヌ ス中毒症を引き起こす恐れがある。フォンテラのテオ・スピアリングス 最高経営責任者(CEO)は5日、北京で謝罪するとともに、同社が追 加情報を提供し次第、中国が同社製品に対する制限を解除すると述べ た。

今回の輸入制限は中国への輸出に頼るニュージーランド経済にとっ て打撃だ。乳製品はニュージーランドの輸出全体の約4分の1を占め る。同国にとって中国は最大の貿易相手国。フォンテラはニュージーラ ンドで生産されるミルクの89%を扱っている。

ニュージーランド銀行の調査部門責任者、スティーブン・トップリ ス氏(ウェリントン在勤)は、「良いことではない。何よりも評判にか かかわるリスクであり、今後数週間の会社側の対応で何が起こるかで決 まるだろう」と述べた。

--取材協力:Tracy Withers、Michael Heath、Zhang Dingmin. Editors: Anjali Cordeiro, Richard Frost

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE