「今が底値」とアジア投資家が東京物件物色-円安割安、上昇期待

バブル崩壊から20年以上が経過し、 すっかり手ごろな値段となった東京の地価。今後はアベノミクスを背景 に地価反転が期待できるとみて、アジアの富裕層や投資家たちが、都心 の物件を盛んに物色し始めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。