10大投資銀の商品関連収入、1-6月は25%減-コーリション

10大投資銀行の商品関連収入は1- 6月(上期)に、前年同期に比べ25%減少した。業界分析会社コーリシ ョンの集計が示した。年間ベースに換算すれば、過去5年以上で最悪の パフォーマンスとなる。

コーリションが5日電子メールで配布したデータによれば、10社の 上期収入は約27億ドル(約2660億円)と前年同期の36億ドルから減少し た。12年通年は60億ドルと11年から24%減、原油価格が最高値を記録し た08年の半分以下だった。

コーリションは収入減について、「顧客活動の低下とボラティリテ ィの欠如が主因」と分析した。

米議会は銀行による現物商品の取引を認めるべきかどうかを検討し ている。米連邦準備制度理事会(FRB)は、これを認めた10年前の指 針を見直す方針。収入減少に加えこのような規制の動きを受けて、JP モルガン・チェースのように銀行の中には商品取引の一部からの撤退を 検討しているところもある。

原題:Commodities Revenue of Top 10 Banks Fell 25% in First Half (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE